産後骨盤矯正ブログ

産後太り、骨盤のせいかも、と思ったら

  • 2014年09月29日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

1人目の子どもを産んだ時は大丈夫だったのに

2人目、3人目と生むごとに

お尻周りが大きくなっていく気がする。

腰痛もひどくなっているかも・・・。

 

 

お子さんを生むごとに太っちゃう、とお悩みのママもいますね。

これ、原因は骨盤ですよ!

帝王切開だから関係ない、なんて思ってはいけません。

自然分娩でも帝王切開でも

子どもを子宮内で育てるのは同じです。

 

 

子どもの成長に合わせ

骨盤も少しずつゆるんでいくようになっています。

これはホルモンの関係もあります。

妊娠したら、分娩方法に関わらず

骨盤はゆるむ、とお考えください。

 

 

そして骨盤がゆるむと、それを支えるために

周囲に脂肪がつきやすくなります。

産後、骨盤が元に戻って行くと

徐々に脂肪は取れていくはずなのですが

何かの拍子にゆがみが起こり、きちんと戻らないと

脂肪は周囲につきっぱなし。

 

 

当然骨盤周りが大きくなります。

下半身にお肉が付きやすくなるのはこのせいです。

加えて、ゆがんだままになっているので

痛みが出ます。

体重が増えすぎると今度はこれがヒザなどにも影響します。

これではいいことなしです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

産後1ヶ月から骨盤矯正をお受けしています。

骨盤のせいかも、と思ったら

一度検査にいらしてくださいね。

ページトップへ