産後骨盤矯正ブログ

産後はなんでお尻が大きくなるのかご存知ですか?

  • 2016年12月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後はなんでお尻が大きくなるのかご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後はなんでお尻が大きくなるのかご存知ですか?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・最近、体重が増えていく一方で…
・産後、体重が一向に減らない…
・授乳していても体重が減らない…
・いろんなダイエットしたけどイマイチ…

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後のダイエットはどうしたらうまくいくのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

産後に骨盤が開く理由はコレ

答えは骨盤が開いているからです。
なんでもかんでも「骨盤が開いている=お尻が大きくなる」
という簡単なものではありません。
大きくなってしまう条件があります。
この条件については後で説明します。

 

 

そもそも骨盤が出産で開きますね。
開かないと出産できませんから。

 

 

骨盤が開くと当然安定性が悪くなります。
この開いた後に骨盤矯正をしてないから、
骨盤は不安定なままです。

 

 

骨盤のまわりに○○が付く理由

不安定なまま、ある程度の期間が過ぎた場合、
次に起こるのが脂肪で安定させようとします。
産後の女性が嫌いな脂肪がついてしまうのです。
脂肪がつく理由は骨盤が不安定だからなんです。

 

 

脂肪がつく場所=骨盤まわり

 

 

だからお尻も大きくなる。
骨盤矯正をするとお尻が小さくなる。
こんなのは当たり前です。

 

 

脂肪が不必要になったから!

 

 

あなたが産後ダイエットで失敗する原因

この原理を知らないまま、
あなたが食事制限やハードな運動をするとどうなるか?

 

 

結果は出ないままです。
体のいたるところが痛くなります。
脂肪は取れないままなので不健康そのものです。

 

 

でもご安心ください。
骨盤矯正をするといろんなメリットがあります。

 

 

産後の骨盤矯正のメリットとは

例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。

 
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ