産後骨盤矯正ブログ

帝王切開、骨盤矯正は必要?

  • 2014年05月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後の骨盤に関してです。
産後の骨盤は出産で開きます。
よく聞かれる質問に
「帝王切開なんですが骨盤矯正必要ですか?」と聞かれます。

「必要です。」

なぜかと言うと、
これは出産の形態が違うだけなのです。
それまでは同じ経過を辿っているのです。

同じ経過というと、
妊娠中は骨盤が緩むのです。
これは皮膚は引っ張られてあそびがあります。
しかし骨(骨盤)は硬いのであそびがありません。
骨盤はあそびがないから関節同士のつながりを緩くします。

こうして骨盤のゆるみを出して、
赤ちゃんが大きくなるためのスペースを作っているのです。
ですので、帝王切開だろうと普通分娩だろうと関係はありません。
産後は骨盤矯正が必要なのです。

そしてこれもよく聞かれます。
産後はいつから骨盤矯正出来るのですか?

産後は1ヶ月目からが骨盤矯正が出来るのです。
理由は1ヶ月以内に骨盤矯正をしても、
不安定な状態過ぎて、ちっとも安定しません。
立ったり座ったりするだけで骨盤がズレます。
それぐらい産後1ヶ月以内の骨盤は不安定なのです。

ですのでこういう時期は、
無理して外に出ても仕方ないのです。
家で安静にしてください。とお伝えしています。

安静にする時期なのです。
だから病院では産後1ヶ月以内は安静期と言われるのです。

ページトップへ