産後骨盤矯正ブログ

生理時の頭痛、原因は骨盤のゆがみかもしれません。

  • 2014年09月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

生理痛と言えば、腹痛と腰痛が一般的ですが

ひどい肩こりや頭痛を感じる人も多いのです。

そもそも慢性的な頭痛というのは

首のズレから来るものが多いですね。

 

首や肩の筋肉が引っ張られて固くなり

血行も悪くなるため、こりと頭痛が起こるのです。

なぜ生理の際にこれらが起こるのかというと

生理の際には骨盤が開きます。

 

 

その骨盤がゆがんでいると、周辺の筋肉がまた

変な方向に引っ張られますね。

その痛みなどをカバーしようとして

どんどん負の連鎖が起こります。

骨盤という地盤が緩んでしまうので、その影響が広がる訳です。

 

 

これらの症状は、骨盤を整えてあげることで軽減します。

生理時には子宮が収縮したり

骨盤の開閉があったりするのは当たり前なので

全く無痛にする、というのは人間の体の構造上難しいですが

骨盤が整っていれば、その痛みは日常生活に支障がない程度です。

現に、腰が重い程度で済んでいる人は沢山いらっしゃいますよね。

 

 

大阪市にある整体院、リボディ魚住には

ひどい生理痛でお悩みの方もたくさん訪れます。

骨盤を優しく整えるだけで、それらの痛みからは解放されます。

 

 

体重バランス調整や

日常生活の動きのアドバイスも行いますので

また同じ痛みに悩まされる率は他に比べてかなり低くなります。

お試しください。

ページトップへ