産後骨盤矯正ブログ

牽引がダメな理由

  • 2014年05月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は牽引がダメな理由をお話しします。
腰痛などの時に病院などでは牽引をします。
私も整形外科に勤務していたので知っているのですが、
牽引療法は背骨の隙間を広くするようです。

これはどういう事かと言うと、関節の隙間が広がるのです。
関節の隙間が広がるという事は、関節が不安定になるのです。
関節が不安定になるという事は、ズレやすくなる環境なのです。

これは骨盤も含め、背骨も同じです。
不安定になると、動きが悪くなるのです。
動きが悪くなるから、筋肉に負担がかかる為に
腰痛や肩こりなどが起こりやすくなるのです。

しかも牽引をしている時に起こるのは、力が入るのです。
何かに対抗しようと力が入るのです。

力が入るときの事を考えて下さい。
危険な状態であることが多いはずです。
これは自然な体の反応です。

そして筋肉の状態も悪くなります。
筋肉は通常、引っ張るようには出来ていないので
引っ張られると筋肉も不安定になります。
筋肉の中は細胞がぎっしりつまっています。
牽引をするとこの細胞がバラバラになるので動きが悪くなります。

理想の体の状態ではなくなります。
ですのでリボディ魚住では牽引療法はオススメしません。

ページトップへ