産後骨盤矯正ブログ

寝起きの腰痛とさよならしたい

  • 2014年07月31日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰痛を抱えていると、朝起きるのが辛いです。

寝る前よりも悪化していると感じます。

下手するとその痛みで目が覚めますね。

寝ている間は体が伸びているから

負担はかかっていないように思えるのに・・・。

 

 

実はそんなことはありません。

いえ、骨盤が正しい位置にあればそれは正しいのです。

しかし、慢性的に腰痛がある人は

ほとんどの場合、骨盤がゆがんでずれています。

 

 

ですから、負担がかからないはずの寝た姿勢でも

おかしな方向に骨盤がゆるんでいくので

一緒に筋肉や筋が引っ張られるのです。

 

 

寝ているのに負荷をかけている。

寝ている間に筋肉や筋が引き伸ばされて緊張し

疲労している。

寝ている時間は起きて運動している時間よりも

長いことが多いですよね。

 

 

長時間負荷がかかったままになってしまうから

痛みがひどくなり、最後は腰痛で起きることになるのです。

これはマッサージをしたとしても

一時的にしか改善しません。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は腰痛の大元である

骨盤のゆがみをしっかり取って行きます。

そして、再度ずれていかないように

そのゆがみを作るクセを改善するためのアドバイスも行います。

 

 

骨盤矯正と、骨盤をゆがませる動きの解消をすれば

もう痛むことはなくなります。

ページトップへ