産後骨盤矯正ブログ

大阪市で産後の骨盤矯正

  • 2015年01月22日
  • |カテゴリー: 未分類
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

美にうるさい女性は一度は聞いたことがあるであろう骨盤矯正。

特に産後の骨盤矯正は大切だ、という声が増えています。

実際の所、その通りだと感じています。

 

 

妊娠中、女性の体は10ヶ月かけて徐々に骨盤を開かせ

骨盤内の子宮内で胎児を育てます。

狭ければ育ちにくいし、骨盤がぎゅっと締まったままでは

出産の時に大変ですから、体が対応していくのです。

 

 

しかし、開いてきた骨盤はとても不安定になります。

そして、それを支えるべく、周囲に脂肪がついてしまうのです。

それでも妊娠中はある程度割り切るしかないのかもしれません。

 

 

しかし産後はきちんと骨盤矯正をしていかないと

開いたままになってしまったり、ずれたまま元に戻り

腰痛や股関節痛などの弊害をもたらすことがあります。

ほんのミリ単位のズレでも、体にとっては大きなもの。

歩くたびに股関節が痛くて辛かったり

朝起きるのもつらいほどの腰痛に悩むこともあります。

 

 

産後1ヶ月を過ぎたら骨盤矯正を。

大阪市の女性専門の整体院、リボディ魚住では

産後1ヶ月からの骨盤矯正を受け付けています。

保育士が常駐していますので、お子さま連れでも安心してどうぞ。

ページトップへ