産後骨盤矯正ブログ

坐骨神経痛の本当の原因は

  • 2014年07月30日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

お尻から足の後ろ側にかけて痛みやしびれ、

違和感などが起こる。

それは座骨神経痛の可能性が高いです。

 

 

この坐骨神経痛は、腰痛に引き続いて発症することが多く

ひどい場合には麻痺したりすることもあります。

 

 

この坐骨神経痛は、ヘルニアが原因で起こるとも言われます。

しかし、そのヘルニアの原因は何かと言うと

骨盤のずれなのです。

体の中心にある骨盤がゆがんだりすることで

その上にある背骨にも影響があります。

 

 

そしてこの骨盤のズレこそが

坐骨神経痛を引き起こしているのだと

当院では考えています。

 

 

骨盤がずれて、周囲の筋肉が無理に引っ張られる。

そうすることで筋肉が緊張し、疲労。

固くなってしまうため、神経も引っ張られてしまう。

そして坐骨神経痛が起こる。

 

 

坐骨神経痛もヘルニアも、骨盤矯正で改善します。

大阪市の整体院、リボディ魚住では

リボディ式トライアングル整体により

骨盤矯正はもちろんですが

それを引き起こす日常生活の癖や

体重バランスも改善していきます。

 

 

ですから、その効果が一時的ではなく

長続きしますし

最終的には座骨神経痛に悩まされること自体が

なくなっていきます。

 

 

坐骨神経痛がなかなか治らないとお悩みの方は

ぜひ、リボディ魚住に骨盤矯正にいらしてください。

体が変わります。

ページトップへ