産後骨盤矯正ブログ

マッサージは体にいいの??

  • 2014年05月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長の魚住行弘です。

今日はマッサージに関してです。
あなたはこんな時にどうしますか?

腰痛だから、シップを貼る、、、
腰痛だから、はりをうってもらう、、、
腰痛だから、お風呂でよく温もる、、、
腰痛だから、リラクゼーションマッサージに行く、、、
腰痛だから、病院に行ってレントゲン検査を受ける、、、
腰痛だから、整骨院に行ってマッサージをしてもらう、、、

おそらくこんな感じだと思います。
その中でもマッサージをする人はご注意ください。

マッサージの有害性をご存知ですか?
腰痛などの時にマッサージをすると、
筋肉は柔らかくなります。
血行が良くなるから柔らかくなるのです。
でもあまり強い力でマッサージをするとどうなるか?

腰痛の筋肉は繊維状になっています。
この繊維が壊れてしまいます。
壊れると中から少しだけ出血します。
筋肉痛の時のような状態になるのです。
これがいわゆるもみ返しというものです。

出血すると当たり前のように修復されます。
かさぶたが筋肉内にできます。

もう一つの反応として、
人間の体は外から入るマッサージの力に自然と対抗しようとします。
と、どうなるか?
筋肉の繊維を硬くして対抗します。

こうなるともはや理想的な柔らかさの筋肉ではなくなり、
硬い筋肉になるのです。
だから痛めやすいのです。
これは肩こりなどでも同じ反応が出ます。
だからこり感の強い人はかなり強くマッサージをしないと
満足感をえられなくなるのです。

強くマッサージをしている人はご注意ください。
強い力でなんか筋肉は修復しません。
修復させたいなら、違う手段を考えるべきです。
ちなみにリボディ魚住ではマッサージは行いません。
それ以外の方法でも安全に筋肉の修復はできますので。

ページトップへ