産後骨盤矯正ブログ

マッサージの有害性

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日はマッサージの有害性をお話しします。
マッサージに行く時は腰痛や肩こりの時ですね。
そもそもマッサージに行く人は何を考えているか?

腰が痛い、、、
肩こってしんどい、、、
背中と首がこってきて気分が悪い、、、

こんな感じだと思います。
そしてマッサージをしてもらい少し楽になります。
これは何が楽になっているか?
筋肉の緊張感が取れて少し楽になっているのです。

では筋肉の緊張感はなぜ出るの??

これはサインです。
体が発する危険信号なのです。
要は体がもうこれ以上負担かけないでと言っているのです。
火事の現場などで言うと、非常ベルのサイレンみたいなものです。

でもマッサージに行くとどうなるか?
このサイレンのベルを止めるわけです。
火事の現場の火を消さずにです。
これどういうことかと言うと、余計にヒドくなります。
だから続ける事により、体はドンドン辛くなりマッサージに行く頻度が増えるのです。

火事と同じで、出火元を特定しなければなりません。
体で言うと肩こりや腰痛などの原因追及です。
これは原因治療と言って、マッサージや薬などの対症療法とは真逆の考え方です。

リボディではこの原因治療をする事により、再発予防に力を注いでいます。
腰痛や肩こりの時に本当に時間とお金をかけるべきは、原因に対しての再発予防の治療だと思いませんか?

ページトップへ