産後骨盤矯正ブログ

マッサージしてあげようか?の危険

  • 2014年08月27日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰が痛いと訴えていると

「マッサージしてあげるよ」

と言われた経験はありませんか。

そして「痛いぐらいがいいよね」と

ぐいぐい揉まれたことはありませんか。

 

 

その気持ちはとても嬉しいのだけれど

体にとってはかなりの拷問である場合があることに

お気づきでしょうか。

 

 

リラクゼーションなど、いわゆるプロが行う所に行っても

マッサージが終わった後や翌日に

痛みがひどいことがあります。

いわゆるもみ返しです。

 

 

この痛みの原因は筋肉の損傷です。

筋線維が強い力でマッサージされることによって

壊れてしまうので、筋肉痛のようなことが起こるのです。

それをイメージでマッサージしている素人さんにやってもらったら

「小さな親切大きなお世話」の状態になってしまいます。

 

 

しかも、強いマッサージを続けると筋肉も固くなるので

柔軟性がなくなって、逆に痛めやすくなることも。

 

 

痛みが起こった際には、人に痛いと訴える前に

きちんとした対処をしてくれるところに行ってください。

大阪市の整体院、リボディ魚住では

マッサージではなく、骨盤矯正を行って

痛みの元を取って行きます。

 

 

もみ返しで悩んでいる方もいらしてください。

マッサージ以外の方法で

きちんと筋肉の修復を行います。

ページトップへ