産後骨盤矯正ブログ

ボキボキ整体で痛くなるわけ②

  • 2014年05月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日はボキボキ整体で痛くなるわけ②をお話します。
前回は関節の袋が変形する事をお伝えしました。
結構怖くないですか?ちなみに変形すると元通りにはなりません。ご注意下さい。

では本題です。
余計に痛くなる理由です。
これは正常の動き以上に強制される場合にボキッと鳴る
とお伝えしましたが、その際に関節のズレを作ってしまうのが理由の一つです。

関節のズレがあると筋肉に負担がかかります。
だから以前より痛みが増すということが起こります。

そして2つ目の理由としては、
ボキボキ整体をする時に勢いをつけて行います。
この瞬間に勢いあまって行き過ぎることがあるのです。
どうしても力をいれて行う為に起こってしまいます。

この瞬間に痛んでいる筋肉に
力が入って傷を大きくしてしまうのです。
そして多いのが痛みではなくしびれなどが出た、という話も結構聞きます。

これは神経を必要以上に
引っ張ってしまった結果、起こっています。
そもそも神経や筋肉は引っ張られるようには作られていません。
ですのでこのような力が働くと体は痛んでしまいます。

だからリボディ魚住では
ボキボキ鳴らさない整体方法を考案しました。
リボディ式トライアングル整体と言いまして、3つのクセを治します。
行動のクセ、体重バランスのクセ、骨盤のズレのクセです。

ページトップへ