産後骨盤矯正ブログ

なんでしびれる?

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日はしびれに関してです。
リボディに来られる患者さんの多くは、
腰痛、頭痛、肩こり、しびれがほとんどです。
どれも深刻ですが「しびれ」は最も患者さんが心配します。

手のしびれ、
腕のしびれ、
足の裏のしびれ、
足の指先のしびれなど場所もいろいろ。

ジーンとしびれたり、
正座の後のようにしびれたり、
ピリピリしびれたり人によって種類は違います。

これらのしびれの多くは、
引っ張られてしびれが出ているのです。

しびれと聞いて連想するのが
ヘルニアやすべり症、坐骨神経痛などです。
病院ではレントゲン検査などでわかるのが、
「骨の隙間が狭くなっており、神経を圧迫している」と診断されます。

以前にもお伝えしましたが、
神経はストローのように少し硬いのです。
ですから圧迫したとしてもしびれなどの症状は出にくいのです。

それよりも引き伸ばされる方が症状は出やすいのです。
それが特にしびれ感なら。

ではどうやって引き延ばされるか?

それが骨格のゆがみなのです。
骨盤がゆがみ、背骨を通じて全身が歪むのです。
ですからまず筋肉にハリ感やこり感、痛みなどが出てきます。
その後、しびれ感などが出てきます。
場合によっては逆の場合もあります。

筋肉の中に神経が通っているので、
筋肉が引き延ばされると神経も引き延ばされ、
しびれ感が出ます。
神経は電線みたいなものなのです。
ですのでしっかりゆがみをとれば、しびれはとれます。

ページトップへ