産後骨盤矯正ブログ

しゃがんだだけでぎっくり腰になるのはなぜか

  • 2014年07月07日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

「ロッカーの一番下の棚のものを取ろうとして

ほんの少ししゃがんだ時にぎっくり腰になった」

大阪市で整体を行っている当院にもそういう方が治療に来られます。

 

 

ただ下の方のものを取ろうとしてしゃがんだだけで

ぎっくり腰になるというのは

それまでにかなり腰に負担がかかり、疲労がたまっていたということに

他ならないのです。

 

 

下のものを取るとき、私たちはどうしても前かがみになります。

その姿勢が多ければ多いほど、長ければ長いほど

腰への負担は大きくなります。

前かがみというのは、上半身の重さを背筋で支えている状態です。

その背筋が弱っていると、今度は関節や椎間板に負担がかかるのです。

 

 

それで痛みが出ると、かばうためにおかしな姿勢になってきます。

それが骨盤のズレを誘発しています。

 

 

毎日何気なく行っている、もうクセになってしまっている動き。

習慣の中に潜む骨盤がずれる原因を解決しなければ

いつまたぎっくり腰になってもおかしくありません。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、骨盤矯正をするだけではなく

骨盤のズレを誘発するクセを解消するお手伝いをしていきます。

ですから、再発率がとても低いです。

 

 

普段からそのような症状にお悩みの方はぜひ一度、

大阪市の整体院 リボディ魚住までご連絡ください。

きっと力になれます。

ページトップへ