産後骨盤矯正ブログ

ぎっくり腰、まずは安静にして冷やす!それから・・・

  • 2014年09月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

ぎっくり腰になったら、すぐに病院に!

でも実はそうはいかないんですよね。

だって、直後は本当に痛いんです。

魔女の一撃とは本当によく言ったものです。

 

 

まず最初に行ってほしいことは、アイシングです。

「え?腰痛って温めるんじゃないの?」

違います。

血行不良の場合などはそれでもいいのでしょうが

ぎっくり腰の場合は、確実に炎症を起こしています。

 

 

特に発症してから数日は特に炎症がひどい急性期ですので

しっかり冷やしていきましょう。

20分なら20分、しっかり冷やします。

氷でのアイシングがお勧めです。

 

 

この急性期はとにかく冷やして安静が大事。

この間は無理な動きは控えた方が無難です。

しかし、落ち着いたらすぐに整体に行きましょう。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は

骨盤矯正、バランス調整、習慣の改善の3点から

施術を行っていくという

「リボディ式トライアングル整体」を行っています。

 

 

いつもの動作でぎっくり腰になったという場合

すでに骨盤がかなりゆがんでいて周囲に負荷がかかっています。

早めに改善しておかないと、また同じことが起こります。

 

 

骨盤のずれを改善すれば、ぎっくり腰は起こりません。

痛みがある程度取れたら、次のぎっくり腰に繋げることのないように

早めに矯正にいらしてくださいね。

ページトップへ