産後骨盤矯正ブログ

「産後に巻く骨盤ベルト!実は巻いているだけでは効果がないのをご存知ですか?」

  • 2016年11月18日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後に巻く骨盤ベルト!
実は巻いているだけでは効果がないのをご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後に巻く骨盤ベルト!
実は巻いているだけでは効果がないのをご存知ですか?」という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・とりあえず産後はベルトを巻く
・産後のガードルを買ったし
・出産セットで骨盤ベルトがあったし
・骨盤整えてから骨盤ベルトを巻くの?

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

骨盤ベルトで整う?

産後は骨盤が緩むというのはみなさんご存知のようです。
ではその緩んだ骨盤を整えるにはどうしたらいいか?

 

 

ここが1つの分岐点になります。
まず多いのが骨盤ベルトを巻くということ。
こちらは現状キープにしかなりません。
だから骨盤が緩んだ状態には変わりません。
だって骨盤を整えていませんからね。

 

 
骨盤ベルトを巻いているだけで
骨盤が整うことは絶対にありません。
現に私の骨盤矯正サロンには
「産後すぐから●ヶ月間、骨盤ベルトを巻きました。」
という産後の女性が多く来られます。

 

 

ほとんどの女性が腰痛や肩こり、
体重が減らないなどのエラーが出ていて、
そのエラーを解決しようと骨盤矯正サロンを訪れるのです。
少し考えてください。

 

 

骨盤を整える唯一の方法

骨盤ベルトを巻いて骨盤が整うなら?
そうです。
こんな腰痛や肩こりや体重が減らないという
エラーは出ませんよね。
骨盤の状態が悪いので、それをわかってもらおうと
体は信号としてエラーを出すのです。
そのエラーがいわゆる「症状」というのです。

 

 

産後で緩んだ骨盤を整えるには、骨盤矯正しかありません。
骨盤ベルトなどで整うのなら
『症状というエラー』なんて出ないはずですから。
だからあなたも骨盤矯正ベルトを巻いているだけでなく、
骨盤矯正をすることを考えましょう。

 

 

骨盤を整えるメリット

骨盤矯正をするといろんなメリットがあります。
例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ